• ホーム
  • 産婦人科に行かなくても低用量ピルは薬通販で購入できる

産婦人科に行かなくても低用量ピルは薬通販で購入できる

低用量ピルが薬通販で購入できるんです。
低用量ピルは産婦人科で処方してもらわないと手に入らないと思われているかた多いですが薬通販で数種類の中から自分に合いそうな低用量ピル選択し購入できます。
避妊目的以外にニキビケア・ホルモンに働きかけるので美肌効果も効能として記入されています。
他に月経痛軽減があります。
薬通販で購入するメリットは、産婦人科に行かなくてもよいこと・低用量ピルが安く購入できることです。

不倫中の女性にとって妊娠は避けたいので避妊は、大事なことです。
美肌目的で内服して不倫関係になりそのまま低用量ピルを継続して内服している人もいます。
不倫であっても自分を守ることは必要ですし最低限のマナーです。

低用量ピルは他国と比べると日本は使用者が少ないです。
それは、性行為に対しての考え方の違いからでしょう。
性行為を大切なコミュニケーションと夫婦の一方が考えれば、埋めることのできないすれ違いが起きてしまいます。
男女共に不倫に至る要因の一つです。
日本人は、性を恥ずかしがり隠す傾向にあります。

性の抱える日本人の問題の一部が、低用量ピル・ED薬等で、薬通販で解消されるのであれば、とても有りがたいことではないでしょうか。
不倫の是非はおいといて一人でも多くの人が、性に対して考える機会になると思います。

最後に低用量ピルは、首都圏・神戸では美肌効果目的で内服という認知が高く忙しい女性ほど薬通販で購入しています。
生理周期が整い、生理量の軽減もメリットです。
なかには体重増加の副作用が軽減されているタイプや美肌の高いタイプもありますので、予算やご自身に一番あったタイプをじっくり選べるのも薬通販を賢く利用できて良いです。

関連記事
低用量ピルで、月経周期を考慮したコンディショニング法を実践! 2019年11月28日

月経トラブルの治療薬として、近年低用量ピルが注目されています。低用量ピルは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンを配合した薬です。避妊薬としてよく知られていますが、子宮内膜症や月経痛の治療薬として、健康保険の適用が認められたものもあります。月経痛は、プロスタグタンジンが子宮内膜に...

緊急避妊ピルは婦人科で処方される 2019年10月04日

婦人科で処方されるピルは、低用量ピルが多く、その効果は、避妊だけでなく、女性ホルモンの分泌を安定させるので、生理前症候群と呼ばれる、生理前に起こる肌荒れや浮腫みなどを軽減してくれる効果もありますし、子宮内膜症などの女性特有の病気の治療にも広く使用されています。それ以外にも、女性ホルモンの分泌が安定す...

知っておきたい、低用量ピル服用の注意事項 2019年10月01日

低用量ピルは主に避妊や月経を調整するために使われることが多いです。厚生労働省が低用量ピルを承認してから女性の相手でも積極的に使われるようになりました。月に1度来る月経を調整することもでき、低用量ピルのお世話になっている女性も多いのではないでしょうか。避妊や月経の調整のために使われるだけではなく、子宮...

ピルを飲めば膣内射精されても平気なの? 2019年09月29日

女性が自身の意思で、妊娠の危険性を回避できる避妊方法として広く知られているピル、諸外国でははるか以前から、当たり前の習慣として取りいれられてきましたが、日本においても低用量ピルが輸入されたことにより、副作用の心配もなくなり、ピルを服用する女性が増加しているようです。妊娠は、女性に取っては人生設計が大...

ルナピルってピル?避妊は出来るの? 2019年09月27日

ルナピルとはルナベルの事なのですが、女性ホルモン配合剤になります。排卵を抑制し、子宮を休ませることができる薬なのですがもちろん低用量ピルと同じですので避妊に利用することができます。排卵しなければ受精することも着床することもありませんのでコンドームなしで性交をしたとしても妊娠することはありません。コン...