• ホーム
  • 知っておきたい、低用量ピル服用の注意事項

知っておきたい、低用量ピル服用の注意事項

心配している女性

低用量ピルは主に避妊や月経を調整するために使われることが多いです。
厚生労働省が低用量ピルを承認してから女性の相手でも積極的に使われるようになりました。
月に1度来る月経を調整することもでき、低用量ピルのお世話になっている女性も多いのではないでしょうか。
避妊や月経の調整のために使われるだけではなく、子宮筋腫の治療にも使われていることもあります。

実際は日本産科婦人科学会が推奨しているわけではないのですが、子宮筋腫の特徴として女性ホルモンの分泌で筋腫が熱くなることがわかり、低用量ピルで子宮筋腫が緩和することがわかってから、服用している人も多くなっています。
また低用量ピルを服用する際は注意も必要です。
日本産科婦人科学会は、血栓症になることを警告しています。
特に35歳を過ぎてタバコを1日多く吸っている人ほど、血栓症のリスクが高まるとしています。
また日本産科婦人科学会は、服用したときに何らかの異常を感じた場合は、すぐに服用を中止することを推奨されていますので、自分の体調を観察して服用することが求められます。

現在はクリニックだけではなく、個人輸入代行業者でも低用量ピルを購入することができます。
避妊薬の最安AIDでも購入は可能です。
いろんなピルが避妊薬の最安AIDで販売されていますが、購入する場合は病院で服用していたタイプと同じものを服用するようにしましょう。
ピルは用量の違いもあり、それが多くなるにつれて血栓症などのリスクが高まります。
また用量を上げることで、吐き気やめまいといった症状を感じることもあります。
避妊薬の最安AIDのような個人輸入代行業者化購入する場合は、購入する製品に気を付けて購入してください。

関連記事
産婦人科に行かなくても低用量ピルは薬通販で購入できる 2019年11月01日

低用量ピルが薬通販で購入できるんです。低用量ピルは産婦人科で処方してもらわないと手に入らないと思われているかた多いですが薬通販で数種類の中から自分に合いそうな低用量ピル選択し購入できます。避妊目的以外にニキビケア・ホルモンに働きかけるので美肌効果も効能として記入されています。他に月経痛軽減があります...

緊急避妊ピルは婦人科で処方される 2019年10月04日

婦人科で処方されるピルは、低用量ピルが多く、その効果は、避妊だけでなく、女性ホルモンの分泌を安定させるので、生理前症候群と呼ばれる、生理前に起こる肌荒れや浮腫みなどを軽減してくれる効果もありますし、子宮内膜症などの女性特有の病気の治療にも広く使用されています。それ以外にも、女性ホルモンの分泌が安定す...

ピルを飲めば膣内射精されても平気なの? 2019年09月29日

女性が自身の意思で、妊娠の危険性を回避できる避妊方法として広く知られているピル、諸外国でははるか以前から、当たり前の習慣として取りいれられてきましたが、日本においても低用量ピルが輸入されたことにより、副作用の心配もなくなり、ピルを服用する女性が増加しているようです。妊娠は、女性に取っては人生設計が大...

ルナピルってピル?避妊は出来るの? 2019年09月27日

ルナピルとはルナベルの事なのですが、女性ホルモン配合剤になります。排卵を抑制し、子宮を休ませることができる薬なのですがもちろん低用量ピルと同じですので避妊に利用することができます。排卵しなければ受精することも着床することもありませんのでコンドームなしで性交をしたとしても妊娠することはありません。コン...