• ホーム
  • 緊急避妊ピルは婦人科で処方される

緊急避妊ピルは婦人科で処方される

元気を出す女性

婦人科で処方されるピルは、低用量ピルが多く、その効果は、避妊だけでなく、女性ホルモンの分泌を安定させるので、生理前症候群と呼ばれる、生理前に起こる肌荒れや浮腫みなどを軽減してくれる効果もありますし、子宮内膜症などの女性特有の病気の治療にも広く使用されています。
それ以外にも、女性ホルモンの分泌が安定する事により、女性らしい滑らかな肌作りにも効果が期待できます。

性交渉時に避妊に失敗した時や、レイプなどの被害に遭った時には、望まない妊娠を避けるために、婦人科では緊急避妊薬が処方されます。
緊急避妊を服用する事で、避妊を行う事ができますが、副作用として吐き気などが出てしまう場合がありますが、服用前に医師からの相談を受け、理解してから服用する事が望ましいです。
緊急避妊薬は、アフターピルとも呼ばれる通りに、性交渉後に、避妊の効果がある時間内に服用する事により、妊娠を避ける事ができます。
必要な時に、婦人科で処方されて分量を服用するだけに留めて、常用しないようにしなければなりません。

緊急避妊薬は、緊急の時にのみに服用し、日常的な避妊が必要な時には、婦人科などで処方された低用量ピルを服用する事が、おすすめです。
低用量ピルは、毎日決まった時間に服用する事により、その効果をより発揮する事ができます。
服用開始すぐの頃には、吐き気などの副作用が現れる場合もありますが、一ヶ月程度で落ち着きますし、数種類の中から、自分に合った物を探す事ができます。
自分に合った物が分かれば、医療機関での処方以外にも、ジェネリックの物をインターネット通販などの利用して購入する事もできます。

ピルは、妊娠を避ける物であり、性交渉による性感染症を抑える効果はありません。

関連記事
知っておきたい、低用量ピル服用の注意事項 2019年10月01日

低用量ピルは主に避妊や月経を調整するために使われることが多いです。厚生労働省が低用量ピルを承認してから女性の相手でも積極的に使われるようになりました。月に1度来る月経を調整することもでき、低用量ピルのお世話になっている女性も多いのではないでしょうか。避妊や月経の調整のために使われるだけではなく、子宮...

ピルを飲めば膣内射精されても平気なの? 2019年09月29日

女性が自身の意思で、妊娠の危険性を回避できる避妊方法として広く知られているピル、諸外国でははるか以前から、当たり前の習慣として取りいれられてきましたが、日本においても低用量ピルが輸入されたことにより、副作用の心配もなくなり、ピルを服用する女性が増加しているようです。妊娠は、女性に取っては人生設計が大...

ルナピルってピル?避妊は出来るの? 2019年09月27日

ルナピルとはルナベルの事なのですが、女性ホルモン配合剤になります。排卵を抑制し、子宮を休ませることができる薬なのですがもちろん低用量ピルと同じですので避妊に利用することができます。排卵しなければ受精することも着床することもありませんのでコンドームなしで性交をしたとしても妊娠することはありません。コン...