• ホーム
  • 緊急避妊ピルは婦人科で処方される

緊急避妊ピルは婦人科で処方される

元気を出す女性

婦人科で処方されるピルは、低用量ピルが多く、その効果は、避妊だけでなく、女性ホルモンの分泌を安定させるので、生理前症候群と呼ばれる、生理前に起こる肌荒れや浮腫みなどを軽減してくれる効果もありますし、子宮内膜症などの女性特有の病気の治療にも広く使用されています。
それ以外にも、女性ホルモンの分泌が安定する事により、女性らしい滑らかな肌作りにも効果が期待できます。

性交渉時に避妊に失敗した時や、レイプなどの被害に遭った時には、望まない妊娠を避けるために、婦人科では緊急避妊薬が処方されます。
緊急避妊を服用する事で、避妊を行う事ができますが、副作用として吐き気などが出てしまう場合がありますが、服用前に医師からの相談を受け、理解してから服用する事が望ましいです。
緊急避妊薬は、アフターピルとも呼ばれる通りに、性交渉後に、避妊の効果がある時間内に服用する事により、妊娠を避ける事ができます。
必要な時に、婦人科で処方されて分量を服用するだけに留めて、常用しないようにしなければなりません。

緊急避妊薬は、緊急の時にのみに服用し、日常的な避妊が必要な時には、婦人科などで処方された低用量ピルを服用する事が、おすすめです。
低用量ピルは、毎日決まった時間に服用する事により、その効果をより発揮する事ができます。
服用開始すぐの頃には、吐き気などの副作用が現れる場合もありますが、一ヶ月程度で落ち着きますし、数種類の中から、自分に合った物を探す事ができます。
自分に合った物が分かれば、医療機関での処方以外にも、ジェネリックの物をインターネット通販などの利用して購入する事もできます。

ピルは、妊娠を避ける物であり、性交渉による性感染症を抑える効果はありません。

関連記事
低用量ピルで調整した生理は次の周期が遅れることも 2020年03月08日

避妊の方法は、コンドームを装着したり低用量ピルを使うなど、さまざまです。ただし、低用量ピルを使用させ調整した生理の次の生理は遅れるということもあり、やや慎重になる向きもあります。なぜ、思うに任せ調整した生理の次の生理は遅れることが起こるのかは、原因はわかりません。ただ、実際にそういった現象が出てきて...

ブライダルチェック時に低用量ピルの相談もしてみましょう 2020年02月02日

ブライダルチェックという言葉も、一昔前よりは広く知られるようになってきていますが、近年我が国は晩婚化が進んでいるということもあり、結婚前には是非ブライダルチェックを受けておきたいものです。この検査は、将来子供が産める体であるかどうかということを調べてもらう検査で、婦人科で受けることが出来ます。晩婚化...

月経困難症治療薬の「ジェニー」について 2019年12月26日

日本では避妊というと、すぐにコンドームに繋がってしまいます。もちろんコンドームも、望まない妊娠を予防するには有効なアイテムですが、より予防する為にコンドームだけでなく低用量ピルも、活用してみましょう。低用量ピルを服用する事で、排卵をコントロールできるので、妊娠を避ける事が可能です。また避妊薬としてだ...

低用量ピルで、月経周期を考慮したコンディショニング法を実践! 2019年11月28日

月経トラブルの治療薬として、近年低用量ピルが注目されています。低用量ピルは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンを配合した薬です。避妊薬としてよく知られていますが、子宮内膜症や月経痛の治療薬として、健康保険の適用が認められたものもあります。月経痛は、プロスタグタンジンが子宮内膜に...

産婦人科に行かなくても低用量ピルは薬通販で購入できる 2019年11月01日

低用量ピルが薬通販で購入できるんです。低用量ピルは産婦人科で処方してもらわないと手に入らないと思われているかた多いですが薬通販で数種類の中から自分に合いそうな低用量ピル選択し購入できます。避妊目的以外にニキビケア・ホルモンに働きかけるので美肌効果も効能として記入されています。他に月経痛軽減があります...